「どうしん」の愛称で、みなさまに親しまれている北海道新聞社さん
道内で、新聞購読世帯の大半のシェアを占めておられるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな道民の方から支持が多い「北海道新聞社」の記者の久保田さん。

札幌でリノベーションを行っている会社と、そのお客様のインタビューがしたいと
ご相談をいただき、先日のEarly Americanの現場打合せを取材していただくことになりました。

 

PC120016

 

PC120031

 

 

PC120041
以前にNHKのアナウンサーに、取材をしていただいた時もそうでしたが、
とても楽しそうにインタビューをされる久保田さん

取材を受けると どうしても緊張してしまうからでしょうか…
その優しい笑顔が、気持ちをときほぐしてくれます。

 

IMG_1472
取材の内容は、住み主のいないまま放置されている「空き家問題」

更地にすると固定資産税が増えることや、家の撤去費用が捻出できないことが理由で
空き家が年々増加しています。

 

 

IMG_1477
このまま、空き家が増え続けると、そこが不法投棄のたまり場になったり、
放火や不法侵入の犯罪の温床になる心配があるほか、震災などが起きた場合に家が倒壊して、
周辺の方の避難路をふさぐことも、問題視されています。

「一生のお買い物を結婚式のような楽しいイベントにしたい。」と設立された弊社ですが
こうして、お客様の夢を叶えさせていただきながら、社会貢献にもつながる仕事ができることは
とても幸せなことだと感じております。