神戸国際会館にいます。

西畠清順さんがプロデュースした「そらガーデン」を見学しにきました。

 

 

 


世界の各国から集めてこられた、見たことがない植物たち

一見の価値があります。

 


オリーブオイルをつくる壺は200年前に使われていたものだそうです。

 


シンボルツリーは、スペインのアンダルシアから移植された樹齢500年のオリーブの木

世界の植物とそれぞれの歴史が、プラントハンター 西畠清順さんの力でここに集約されています。

人って凄いですよね。
普通ではありえないようなことが、ここで当たり前になっていました。