スタッフのお土産を探して、叶 匠壽庵にきています。

そう。スタッフのお土産を探して。です



全国で販売されている和菓子の叶 匠壽庵は、この滋賀の【寿長生の郷】で生産されています。

 


名前を聞いて、当初は「山奥に福祉施設ができたのかな?」と思っていたのですが、叶 匠壽庵
総面積63,000坪の里山に植えられた1000本の梅林が有名になりました。

 

 


誰でも自由に利用できる「お迎え処 古民家」で、まずは里山のまわり方を教えていただきます。

 

 


奥のお土産屋さんに向かいました。

 


庭を背景にした氷に

 


回廊の打ち水
視界が夏の暑さをやわらげます。

 

 


売店を後にして散策にでかけました。

 


里山には点在する東屋や

 


蓮の池

 


植木屋さんなど
それぞれに、お店の心遣いが感じ取れます。

 


お食事処

 


囲炉裏茶房
今では製造が全国で5箇所だけとなった天然氷で「かき氷」をつくっています。

 


栃木県日光で、おがくずによって貯蔵された氷が出荷の時期を待って、この寿長生の郷に運ばれています。

不思議と頭がキーンとならない「かき氷」
氷を製作をしたのは昨年の12月ですから、丹精が込められており、気のせいか普通のものより長くひんやり身体を冷やしてくれます。

そして、美味しい。

あくまでもお土産探しの一環です。

はい。


お店を出て、戻りを待っていてくださった駐車場のご年配のスタッフ。

「重役の人ではないだろうか。」と感じるほど、接遇に長けた物腰の柔らかい人でした。

一分の隙もない【おもてなし】

これが叶 匠壽庵の心意気
目指しているものがここにあるような気がします。

そんな土産話を持って、これから札幌に戻ろうとおもいます。