天正11年 前田利家の直臣として従った野村伝兵衛信貞家は千二百万石と累進して各奉行職人を歴任したそうです。


農家や商人と違った武家の暮らし

 

 

 


惜しみなく選んでこられた、最高級の建材には品格がありました。

 


時を重んじる樹齢1000年の紅葉の床板

 


心を清める茶室のにじり口

 


四季の変化を感じるひじ掛窓

 


雪を楽しむための雪見灯籠

 

それぞれの「美」を感じるための、間取りやたたずまい。

いまさらですけど、和風の和って「なごむ」って読むんですよね。
和室を頼まれることは少なくなりましたが、この奥行きは知っておく必要がありそうです。