小樽市色内で昭和42年に建てられた住宅に依頼を受けて古材レスキューしにきています。

歴史のある机は天板の合板が剥がれはじめていましたが、天板を交換すればリサイクルできます。

屋根裏部屋に敷かれているものは、珍しい幅広の広葉樹
ホームセンターで販売されているものはOSBやツーバイ材など、育ちが早い針葉樹がほとんどですから貴重になりました。
今回、レスキューします。

リサイクルショップさんが気に入っていた棚受け金物

珍しい棚受け金物とヴィンテージデスクは一緒に来ていたリサイクルショップさんにお譲りすることになりました。

カウンターにつかえそうな広葉樹の一枚板

みなさんが必要ないとおっしゃる古材たちをわけていただきます。

誰かに必要としてもらえるならそれは素晴らしいこと
誰からも必要とされなくなったものだからレスキューしてリサイクル

180° が大切にしている考え方です。